2006年10月22日

知的財産検定1級の結果(2006年第2回)

ようこそ知財館

■ 知的財産検定1級の結果(合格率と合格者数の推移)

○2004年3回:4.8%(24人)
○2005年1回:5.5%(19人) 
○2005年2回:5.2%(27人)
○2006年1回:6.2%(19人)
○2006年2回:4.9%(18人) ←最新データ

これで、1級の合格者は累積107人。
初めて100人を突破した。
弁理士が7,000人弱ということを考えると、
まだまだ希少価値のある有望資格といえる。

2006年は、さらに第3回の検定が行われる予定。
1級の合格率は未だ5%前後と極めて厳しい。

今年第2回の試験では、弁理士の受験者でも合格者がでなかった。
弁理士の結果は、準1級A1名、準1級C1名、不合格2名。
(弁理士は4名受験)

1級合格者の属性は、知財12名、研究開発・エンジニア2名、
人事・教育1名、その他2名であった。



posted by 知財博士TERU at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。